Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page4.html on line 3 Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/lib/config.php on line 19 Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/lib/config.php on line 20 Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page4.html on line 19 未経験プログラマーの年収の相場と年収を上げるためにする事 - プログラマーになるには Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page4.html on line 21

未経験プログラマーの年収の相場と年収を上げるためにする事 - プログラマーになるには

Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page4.html on line 48

未経験プログラマーの年収の相場と年収を上げるためにする事

作成日:2014/09/18 更新日:2014/09/18

未経験プログラマーの年収ですが、大体250万〜300万という企業がほとんどです。
黒ネコのウィズなどで有名なコロプラも300万くらいのようです。(参照:Find Job!)

1.最初の1〜2年は修行と思ってあきらめよう

未経験からプログラマーを目指すとなると高い年収になる事はほぼ不可能です。

企業側からしたら、未経験者は実績もないですし、売上を作る事もできないですし、そもそも戦力になるかが未知数ですし、できれば給料を抑えたいという気持ちが強いのです。年齢は関係ありません。

未経験者側からしても、年収を引き上げる交渉をする材料がありません。
また、給料が安いからといって嫌な顔をしても印象は決してよくありません。

なので、未経験からプログラマーに転身する場合は、修行期間だとおもって、給料の交渉はあきらめてください。
少しでも採用される確立を上げるため、企業の言い値を受け入れましょう。

始めは給料の交渉は困難です。 未経験者を歓迎している企業の中でも良い給料をくれる企業に入る事を目指しましょう

2.お金は期待出来ないので技術力や経験値を重視

お金の部分が期待出来ない変わりと言ってはなんですが、身に付くであろう知識や技術、どんな事が経験できるかなどは良く吟味してください。

入る会社によって回している案件の規模や種類が全然違いますので、身に付く技術の方向性も全然違ったりします。

小さい企業でしたら、オールマイティーなスキルが求められる為、多方面にわたる技術が身に付きますし、ひとりで何でもできるにようになるなるでしょう。
求められる事が多い分忙しくもあると思います。

大企業でしたら、大人数の中のひとりになるので、業務などは細分化され。なので身に付くものが多方面に及ぶかどうかはなんとも言えないのですが、小さい企業では味わえない規模の大きな案件を体験できます。

「未経験者歓迎」という求人はたくさんあるので、自分のやりたい事やキャリアを考えた時に、どういう企業が自分にあっているかという事を意識して求人を見てみましょう。。

3.未経験者の場合年収を上げる交渉は難しい

自分の年収はどれだけ会社に貢献したか、貢献出来るか、で決まります。
始めにも触れましたが、未経験者はどうれだけ貢献できるかも全く未知数ですし。

なので、まずは貢献できる技術力を身につけるのが年収を上げる近道です。

どの企業にも年に1回くらい給料を査定するタイミングがありますので。
そこで、貢献した・今後するという材料を集めて交渉しましょう。

4.年収よりも自分が快適に働ける環境作りを目指した方が吉

未経験では給料の交渉をする材料が無いですし、いったんは企業に従うしかありません。

それに、すぐお金の話しをする人って敬遠されがちです。お金を意識するのはとても良い事なのですが、始めから口に出すとなると・・・微妙です。お金の事は全く話さないのが良いとは思いませんし、それでは評価もされませんが、始めは微妙です。

なのでお金の事は最低限の条件とし、職場環境や自分のスキルアップという事を企業を選ぶ上で大事にするポイントにしてください。

自分にとって快適に働ける職場か、自分が目的とするスキルが短期間で身に付くのか、などの条件に当てはまるかで職場を選んだ方が長期的に見てメリットがあります。

5.2年頑張った先に得られるもの

どんな未経験者でも、パソコンをたまにしか触らないレベルでも、就職しプログラマーとして実践で1・2年も働ければ一人前のプログラマーになれます。

自分のアイデアをベースとして、自分ひとりでお金もほぼかけず、サイトを構築出来るようになるはずです。必要なのは自分のリソースのみです。

お金をかけずにサイトを構築できるというのはすごい強みになります。自分の武器です。

または、自分のプログラマーの経験を生かしシステムエンジニアに職を変えたり、プログラマーとしての実力を生かすなら別の会社へキャリアアップという事も可能です。

自分の強みを身につけると選択肢が広がります。

そういう意味でもプログラマーを目指す事のは最初は大変ですが、挑戦してみる価値は十分あります。
プログラマー未経験者がプログラマーになるためにやる事

6.未経験者の採用で見られる部分は「やる気」

自分が成長できる職場に入社するために必要なのは「やる気」なのかなと思います。

未経験者は特にどれだけの戦力になるか計れないですが、やる気があれば成長スピードはその分早くなります。
成長が早いという事は企業からしたら見極められる期間が短くてすみ、悪い人材だった時のリスクを最小限に抑えられます。

未経験でプログラマーを目指すならなりふり構っていられません。
企業側の視点から見た時に「この人を採用したいな」「この人と一緒に働きたいな」と思わせる努力をしましょう。

「未経験者歓迎」「成長できる職場です」「やる気を重視します」という求人は検索するとたくさん見つかります。

Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page4.html on line 51
Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page4.html on line 55