Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page3.html on line 3 Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/lib/config.php on line 19 Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/lib/config.php on line 20 Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page3.html on line 19 未経験でプログラマーになる前にやっておいて損が7つの事 - プログラマーになるには Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page3.html on line 21

未経験でプログラマーになる前にやっておいて損が7つの事 - プログラマーになるには

Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page3.html on line 48

未経験でプログラマーになる前にやっておいて損が7つの事

作成日:2014/09/18 更新日:2014/09/18

未経験者がプログラマーが目指すなら、求人に応募する前でもできる事はいくつかあります。
業界の事を知ったり、プログラマーの仕事の断片がかいま見れたり、どんな仕事なのか想像しやすくなります。
時間がある人はやっておいて損はないだろうという事をまとめてみました。

あくまで時間があったらやった方が良い事です。
やらなくても当然なんとかなります!

1. ブログを眺めてみる

難易度:☆

はてなブログなどエンジニアの人のブログが多いので眺めてみると面白いです。

技術的な話しや、退職時、転職時のエントリーなど書かれていたりします。
プログラマーを目指すなら「界隈の事情を知っておくか」という軽い気持ちで見てみるといいです。

2. ブログを開設してみる

難易度:☆☆

ブログを開設してみるのも良いです。

自分でブログを書くようになると、人のブログを見るようになりますし、自分の活動をブログにしておく事で(内容がおもしろければ)就職活動の際にも有利に働きます。
企業側もブログなどのウェブサービスに全く疎い人と、少し詳しい人でしたら後者を選ぶと思います。

3. ホームページを作ってみる

難易度:☆☆☆

ブログではなく、1から自分でホームページを作ってみても勉強になります。

趣味の事・日記的な事・おすすめの動画・ゲームの攻略、内容はなんでもいいですが、自分で作ってみて、世の中に公開するという事をやっておくと、レスが貰えたり、こんな風にサイトを変えてみたいなという気持ちも芽生えてきます。

なんとなくおもしろいなと思えますよ。

ワードプレスなど、お金を掛けないでも、プロ顔負けのキレイなサイトを作る事ができます。

4. レンタルサーバーでレンタルしてホームページを開設してみる

難易度:☆☆☆☆

  • さくらレンタルサーバー
  • ロリポップ
  • エックスサーバー
  • クイッカ
  • XREA
  • ライブドア
  • Fc2

レンタルサーバーの会社はいろいろあり、安くて月額100円〜レンタルできます。
ブログを作ったり、サイトを作ったりというだけでなく、自分でサーバーをレンタルして、サイトを作ってみると、
できる事の幅が広がります。

サーバーを借りる事でも、勉強になりますし、安くても自分のお金でレンタルする事で勉強しなきゃもったいない!という気持ちになりますし。

レンタルサーバーでサーバーを借りる事は一度経験する事をおすすめします。

5. HTML、CSSの勉強を始めてみる

難易度:☆☆☆☆

ホームページを作る為に、HTML・CSSという言語で記述する必要があります。

プログラミングではないのですが、HTML・CSSを学ぶ事によって、ホームページが自分でカスタマイズできる事が増えます。

HTML・CSSを記述からのサーバーへの反映で、ホームページが更新される事などを体験しておくと、
今後の仕事でも役に立ちます。

6. PHPの勉強をはじめてみる

難易度:☆☆☆☆

PHPはプログラミング言語です。
私が初めて学んだプログラミング言語でもあります。

プログラミング言語は言っても、たくさん存在します。世間のウェブサービスを構築するためのプログラミング言語は5種類くらいありますが、
中でもPHPは未経験者でもプログラミングを始める障壁が低いです。勉強するのに難易度が高くないです。

未経験者にとって自分が習得するプログラミング言語のとっつきやすさはとても大事だと思います。
とっつきにくいプログラミング言語ほど、飽きたり、嫌になってしまうタイミングがたくさんあります。

PHPはプログラマーの界隈では、学んでいる人もたくさんいますが、disられる機会も多い言語だと思います。
しかし、未経験にとっては、プログラミングをする事が嫌になってしまう事が最大の的だと思いますので、
なるべくとっつきやすいPHPから始めるのがオススメです。

ある程度技術力が身に付いたら、他の言語の習得スピードも格段に上がりますので、他の言語を勉強してみるのもオススメです。

7. 2ちゃん(掲示板サイト)を作ってみる

難易度:☆☆☆☆☆

PHPの勉強が進んだら、掲示板サイトを作ってみるのがオススメです。

掲示板を作ると、PHPの初歩的なプログラミングの知識を身につける事が出来ます。
未経験から自分で勉強して掲示板を作れるようになると、相当すごいです。

就職の面接でも関心されるレベルになる思います。

結局は独学でガッツリやるより企業に入って学んだ方が効率的

ここまで未経験者でも、プログラマーになる前でもできる事を見てきましたが、
独学というのは自分だけでできるというメリットもありますが、学習スピードが遅いというデメリットがあります。

私の感覚ですが、独学で半年かけて身に付く事は、企業に入れば1ヶ月もあれば身に付くような事だと思います。

企業に入れば、自分の面倒を見てくれる先輩などがいるため、わからない時にすぐ聞けるという環境でき、その環境が新しい事を身につけるのに最適なのです。

もちろん身に付く事も実践の知識なので意味のない事を身につけないで済みます。そして企業側も未経験でも成長して活躍してくれる人材を欲しています。

未経験でプログラミング技術を身につけようと思ったら、思い切って企業に就職してプログラマーになりましょう。

Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page3.html on line 51
Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page3.html on line 55