Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page1.html on line 3 Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/lib/config.php on line 19 Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/lib/config.php on line 20 Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page1.html on line 18 プログラマー未経験者がプログラマーになるためにやる事 - プログラマーになるには Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page1.html on line 20

プログラマー未経験者がプログラマーになるためにやる事 - プログラマーになるには

Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page1.html on line 47

プログラマー未経験者がプログラマーになるためにやる事

作成日:2014/09/16 更新日:2014/09/16

プログラマーになろうと思った時から就活・転職活動を始める前までにできる事があります。
管理人自身の経験を振り返って、プログラマー未経験者だった過去の自分にアドバイスするつもりで、 「プログラマーになるためにやる事」をまとめてみました。

管理人の経験を元にしているのでウェブ系のプログラマーのお話しになります
参考になればうれしいです

プログラマーに求められるもの

中途のプログラマーなら即戦力としての技術力が求められると思いますが、未経験者としてプログラマーになるには必要なものは特にないです。

  • やる気
  • なんとなく論理的な思考ができる能力
  • そこそこのコミュニケーション能力

があれば特に問題はないと思います。特別な技術的な知識は必要ありません。 なので、プログラマーを目指すならば上記の3つは備えておいた方が良いかなと思います。

やる気とは

なぜやる気が必要かと言いますと、プログラマーの仕事上わからない事に直面する事が多く、自分で考えて・調べて解決する能力が必要になるためです。 人間わからない事に直面すると放棄したくなります、思考が停止します。

そんな時に、自分の中になぜプログラマーになりたいのかという気持ちがあると、わからない事にも前のめりに考えて解決できます。

  • ホームページが作れるようになりたい
  • システム構築ができるようになりたい
  • 単純にプログラマーに興味がある

など自分がプログラミングを学ぶ上で前向きになれるものなら、なんでも良いです。

自分のやる気に繋がる目的を持つとプログラマーの仕事も乗り越えられると思います。

論理的思考とは

一般的には、筋が通っている考え方・説明の仕方の事を論理的思考と言います。

ピンとこない人もいると思いますが、考え方的には「風が吹けば桶谷が儲かる」ということわざの考え方とも言えます。
風が吹けば桶谷が儲かる

風が吹く⇒ほこりが立つ⇒。。。(略)⇒ネズミは桶をかじる⇒桶の需要が増える、的な事です。

プログラマーはプログラミングをする時に、

  • クライアントの要求を満たすにはどうプログラミングをする必要があるか
  • 自分のプログラミングがシステム全体にどういう影響を与えるか
  • システムのエラーは何が原因なのか

など考える必要があります。そんな時に論理的思考が役に立ちます。

システムうんぬんは未経験の方は今は理解しなくていい内容ですが、
風が吹くと桶屋が儲かるという理屈が全く理解出来ないという人はプログラマーに向いてないかもしれません。

論理的に物事を考える考え方ですが、この考え方が出来た方がプログラマーにとっては良いと思います。

プログラマーはシステムの仕様をプログラムに書き換える事が仕事になります。
クライアントの「ああしたい」「こうしたい」という要望を、プログラムに置き換える際にに必要な能力が能力が論理的思考です。

そこそこのコミュニケーション能力

初対面の人と一瞬で友達になれるとか、そんなすごいコミュニケーション能力までは必要ないです。あればあるにこした事はないですが。

プログラマーの仕事は一日中パソコンに向かって、カタカタとタイピングしているようなイメージがあると思います。

が、ところがどっこい、コミュニケーション能力が結構求められる仕事でもあります。

プログラマーはSEやクライアントの要望をプログラミングする事が仕事です。そして、要望をズレなく把握する必要があります。

自分の要望を的確にプログラマーに伝えられないクライアントも中にはいます。
そんな時プログラマーは、クライアントがどんな事を欲しているのか、本当に欲しいものは何か、という事をコミュニケーションを通して、吸い出す必要があります。
文系の人はプログラマーに向いてないのか

そういう意味でコミュニケーション能力は必要になります。

要望を中途半端に吸い出してしまうと
要件定義
こんな事になってしまいます。

やる気があればたいていの事はどうにかなります。
コミュニケーション能力は地味に必要です

求人に応募する前の未経験者でもできる事

タッチタイピングを始めよう

タッチタイピング、ブラインドタッチとも言いますが、キーボードを見ないでできるだけ正確に、早く、タイピングする能力です。

プログラマーは一日中パソコンに向かって、タイピングします。PHP、JAVA、C言語などなどプログラム言語はいろいろありますが、 タイピングが早いにこした事はありません。

タッチタイピングは自分の努力次第でそこまで時間はかからず身につけられます。
そして、タイピングが早いという事は雇う側にとってもプラスの評価ポイントになります。
さらに、未経験者がタッチタイピングを独学で身に付けたという、努力の部分も雇う側にとってはプラスになります。

そういう意味でタッチタイピングを身につける事は一石三鳥とも言え、オススメです。

プログラマーにとってタイピングが早いという事は大事な要素です。
こんなキーボードが売ってるくらい、プログラマーはタイピングが得意なのです。
キーボード
もはや何も書いてないキーボードです・・・ 価格比較-yasunech

タッチタイピングのコツは「正しいフォームを身につける事」です。「タッチタイピング フォーム」などで検索するとたくさん情報が出てきますので、是非やってみてください。

独学で勉強してみる

もし自分が身につけたい言語や、就職したい企業で使用する言語が決まっているなら、独学で勉強してみるのもいいです。

独学する場合は、「何から手をつけたら良いか分からない」という状況に陥りがちです。そして、わからなくなってやる気も下がってしまいます。

なので、なるべくやる気を下げないように、自分のモチベーションが下がらないような勉強方法で勉強しましょう。

おすすめは、

  • 書籍なら「●日で身に付くPHP」などの本、
  • ウェブサイトを通して勉強するなら「ドットインストール」など、

徐々にステップアップして学習できる学習方法が無理もないので良いのかなと思います。

最近は、動画で学習できるサービスも増えてますし、無料のものでもクオリティはとても高いですが、独学での勉強は、プログラムの触りの部分はわかりますが、身に付く知識に限界があります。

こういうウェブサイトが作りたい、アプリが作りたい、こういう事ができるようになりたい、という目標があれば、未経験でも募集している企業に飛び込み実践を通して学んだ方が100倍いいでしょう。

独学で勉強してみた時に、全く何もわからなくても焦らないで下さい。
そのくらい独学はハードルが高いです。そして効率も良いとは言えないです

プログラマーになるためにやる最後の事

未経験の人がプログラマーになろうと思ったら、最後に必要なのは踏み出す事です。
プログラマーの求人を探すとか、求人に応募して面接を受けてみるとか、そういう事です。

新しい事に挑戦する事は、とても勇気がいる事です。
しかし、勇気がいる分やらない言い訳を用意してしまい、踏み出す事をついつい先送りにしてしまいがちです。

自分の周りに、言い訳ばかりして何もしない人を見かけた事はないでしょうか。

私の周りにはたくさんいます。3年くらい職場の文句を言い続けている人がいます。

未経験・未体験の業界に飛び込む事は怖い事ですが、プログラマーの中には社会人になって初めてプログラミングに携わったという人は本当にたくさんいます。(そのせいか、やる気がある人はとても歓迎される業界だと思います。)

社会人になってからプログラマーを目指しても全く遅くありません。

やる気があれば、成長するスピードも比例して早くなります。1〜2年もあれば一人前のプログラマーに十分なれるはずです。

「未経験大歓迎!」と打ち出している企業はたくさんありますし、そういう会社に限って、未経験の人でもやる気があれば大きな仕事を任せてもらえる企業だったりします。

この記事を読んだ方は是非ともプログラマーへの一歩を踏み出してみて下さい!!

求人サイトに登録すれば、未経験者OK!やる気がある方歓迎!などの求人が多数見つかります。

Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page1.html on line 50
Warning: include(): Unable to allocate memory for pool. in /var/www/html/rockethockey.net/release/page1.html on line 54